在京卒業生紹介1 松田 泰介

2014年4月1日

鹿島建設株式会社 東京建築支店 浦安市新庁舎建設工事
松田 泰介
平成6年(1994年)法学部卒

皆さんこんにちは。私は松田と申します。
総合建設業 鹿島建設で現場の事務を担当しております。

2020年の東京オリンピック決定を契機に、建設市場は大いににぎわいを見せておりますが、実状としては、労務費・材料費の高騰の中で工事を施工していかなければならず、先行き楽観できない状況です。

現在の仕事は市役所の建替えを行う工事で、自ら営業担当として受注しましたので大変思い入れのある工事です。
その他にもテーマパーク内のリニューアル工事や商業施設の新築工事、工場の事務所のリニューアル工事…と、バリエーションに富んだ工事を兼務しておりますので、日々変化の中で、楽しく仕事に取り組んでおります。

建設業といいますと、「地図に残る仕事」というイメージがあると思いますが、それだけでなく、1995年の阪神大震災、2011年の東日本大震災と2回の震災で少なからず復興事業に関わらせていただく中で、みんなが困っているときに役立てる仕事でもあるという、新たなやりがいを感じています。

 

<編集部より補記>
本稿は2014年3月に頂きました。