熊本便り

2020年7月20日

第35回法学部卒業 村上和美さんから(熊本市役所勤務)

2020年春、熊本地震発災から四年を迎える中、着実に復興の歩みが進む一方で、今なお生活再建の途上の方々もいらっしゃることから、熊本では、さらに復興を加速化させようとしていたところでした。

しかし、全世界を震撼させる新型コロナウィルス感染症の感染拡大によって、熊本のみならず、全ての人々が、これまでに経験したことのないような制約の多い生活を余儀なくされています。

海外との交流制限はもとより、国内での移動自粛も求められる中にあって、少しずつ賑わいを取り戻しつつあった熊本市内の中心商店街、そして鮮やかな楠若葉の繁る熊本城周辺も静まり返っています。

4月29日に予定されていた、熊本城特別公開第二弾の特別見学通路についても、当面の間延期となりました。

※ 特別見学通路の見どころ
 https://castle.kumamoto-guide.jp/grand-unveiling/

そして、今後も、自らの命、大切な人の命、そして、誰かの命を守るため、私達は、感染予防策として新しい生活様式に取り組んでいかなければなりません。

そのような中、難攻不落の熊本城を築かれた「清正公さん」からの号令が聞こえてくるような素敵なポスターが作成されました。ここは一つ、皆の心を一つにして命に従いましょう。
『籠城じゃ。』